【アートスタイルの家】新築・分譲住宅・土地売買・リフォーム・注文住宅・買取り/不動産・住まいのことなら堺市西区上野芝のアート不動産販売

アート不動産販売

電話:072-270-1005

お問い合わせ

コラム

不動産買取ではどんな手数料がかかる?メリットと併せて解説します!

不動産買取における費用の話は、多くの人にとって関心の高いテーマですよね。
売主の皆さんにとって、不動産の売却時にどれだけのコストがかかるのか、事前に知っておくことが重要です。
今回は、不動産買取に伴う費用の種類と不動産買取のメリットについて解説します。

□不動産買取にはどんな費用がかかる?

不動産買取における費用は、一般的な不動産売却とは異なる側面を持っています。
ここでは、その主な費用について見ていきましょう。

1:仲介手数料が不要

通常の不動産売却では仲介手数料が発生しますが、不動産買取では買取会社が直接買主となるため、この手数料はかかりません。

2:登記関連の費用

不動産の所有権移転登記には、通常買主が負担する費用が発生します。
しかし、売主側でも特定の状況下では登記手続きが必要になることがあります。
例えば、抵当権抹消登記や住所変更登記などがこれに該当します。

3:ローン繰上返済手数料

不動産に残債がある場合、繰上げ返済を行う必要があります。
金融機関によっては、この繰上げ返済に手数料が発生することがあります。
この手数料は、残債の額によって数十万円に上る可能性もあるため、特に注意が必要です。

4:測量費用

土地付きの不動産であれば、土地面積の確定測量が必要となることがあります。
この測量にかかる費用も、売却に際して考慮すべき重要なコストの一つです。

□不動産買取のメリット

不動産買取にはさまざまなメリットがあります。
特に、次の3点が顕著ですよ。

1:迅速な現金化

不動産買取は仲介に比べて迅速な売却が可能です。
最短で1日から1週間程度で売却が完了することもあり、スピード感を重視する場合に適しています。

2:仲介手数料が不要

不動産会社への仲介手数料が発生しないため、売却に際して発生するコストを抑えられます。

3:契約不適合責任の免除

買取では、契約不適合責任が免除される場合が多いです。
これにより、売却後のトラブルに対する不安が軽減されます。

以上の点から、不動産買取は特定の状況下で有効な選択肢となります。
売却を考える際には、これらのメリットを考慮して、自身の状況に最適な方法を選択することが重要です。

□まとめ

不動産買取においては、仲介手数料が発生しない一方で、登記に関する費用や測量費用など、他のコストが発生する可能性があります。
アート不動産では、仲介手数料・相続費用なし、残置物もそのままで不動産の買取を行わせていただいております。
堺市周辺で不動産買取を検討している方は、ぜひ当社にお任せください。