【アートスタイルの家】新築・分譲住宅・土地売買・リフォーム・注文住宅・買取り/不動産・住まいのことなら堺市西区上野芝のアート不動産販売

アート不動産販売

電話:072-270-1005

お問い合わせ

コラム

不動産売却のタイミングはいつが良い?不動産売却しない方が良いタイミングもご紹介!

新型コロナウィルスの流行により、価格が高騰している世の中。
不動産を売却しようと思っても、「今本当に売却して大丈夫なのか」と不安を抱えている方も多いでしょう。
そこで今回は、不動産売却のタイミングをご紹介しますので、本記事を参考にして売却するタイミングを考えてみてください。

□不動産売却のタイミングとは?

*不動産を売却するタイミング

1.築20年以内

築年数の経過によって不動産の資産価値は下がりますが、築20年以内であれば、不動産が高く売却できる可能性が高いです。
また、木造建築の不動産の場合、法定耐用年数が22年であることから、築20年以内に売却した方が良いといえます。

築20年を超えた不動産は、「古い」と認識されてしまうケースが多く、築20年以降の不動産はなかなか買い手が見つからないものです。
築20年程度であれば、新築時や築浅時と比較して不動産の資産価値が83%程度まで下がっていますが、買い手からみて古い家に分類されにくいので、ぜひ検討してみてください。

2.自分の所有期間が5年を超えるとき

不動産を売却して利益が発生した場合にかかる「譲渡所得税」の税率は、不動産の所有期間によって大きく異なります。
所有期間が5年を超えれば、譲渡所得税は大きく下がり、自分で支払う税金の金額を抑えられます。
そのため、不動産売却をお考えの際は、所有してから5年を超えた後に売却するのがおすすめです。

3.空き家になってから3年以内

空き家になってから3年を超えてしまうと、特別控除の制度を利用できなくなってしまいます。
この制度には、不動産の所有期間の条件は設けられていませんが、以前住んでいて空き家になった場合は、3年を経過する12月31日までに売却することが条件として設けられています。

4.3月と9月

新生活が始まる前の3月と、夏休みシーズン明けの9月は、不動産売却に適しているといえます。
これは、新生活を始める前までに住み替えを完了させておきたい方や、長期休暇が終わって過ごしやすくなった9月から住み替え活動を始める方が多いからです。

*売却しない方が良いタイミング

上記で、不動産を売却するタイミングについてご紹介しましたが、以下の場合には売却はおすすめできません。

・不動産の所有期間が5年以下
・年末年始や夏休みシーズン

所有期間が5年以上であれば、「譲渡所得税」の支払額を抑えられますが、5年以下の場合は支払うべき税額が高くなります。
また、年末年始や夏休みシーズンは活動しづらい気候であり、年末年始は親戚とのお付き合いで忙しいケースも多いです。

□まとめ

今回は、不動産売却のタイミングについてご紹介しました。
不動産を売却する際は、タイミングをしっかり見計らわなければ、支払う税額が高くなったり、なかなか売却できなかったりして後悔する可能性が高いです。
そのため、不動産売却のタイミングは、しっかり考慮した上で決めましょう。
堺市で不動産売却のタイミングにお悩みの方は、当社までお気軽にご相談ください。